CASE OF ROOMS

rooms_2

商品やサービスの情報は、消費者間で語られる情報の中で作られていくものになっています。このため、製品やサービスの体験を伝えるためのコンテンツが非常に重要な要因になってきています。

購買前の消費者に対し、生活者の物語に基づいたストーリーを伝えることにより、「語られ」「共感される」メッセージを紡ぎだし、適切なタイミングで確実に伝えていくことが必要です。

 

page_slider3

双方向に変化した企業と消費者の関係は、ソーシャルメディアの隆盛によって更に多様化し、単にチャネルやマーケティング手法を 統合するだけでは、一貫したメッセージを深く伝えることは難しくなりました。

また、テレビの視聴形態の変化(自動録画)やインターネット経由の視聴により、テレビ発の話題が35%を超え、情報源や伝え方も考慮が必要になってきています。コミュニケーションするためのコンテンツ、媒体の信頼度がより求められます。

 

※参考:米国における消費者の購入意思決定プロセスの調査結果

・アメリカ人の70%が商品購入前にオンラインレビューをチェックしている

・消費者の79%が買い物の際にスマートフォンを活用し情報収集している

・母親の83%がテレビCMで興味を持った商品についてオンラインで調べている